俳優の松下洸平さんは、過去に「ペインティング・シンガーソングライター」として活動していました。絵を描きながら自作曲を歌うパフォーマンスをしていたそう。絵も描け、歌唱力もあり、演技もできる秀才な松下洸平さんですが、実は「歌が微妙」という噂もあるんだとか。

スポンサーリンク



松下洸平(まつしたこうへい)の歌は微妙?下手?

 

引用元:https://times.abema.tv/

松下洸平さんは、2019年から2020年にNHKで放送された朝ドラ「スカーレット」でヒロインの弟役、十代田八郎を演じ、一躍有名になりました。その後、日本テレビの「ぐるナイ ゴチになります」にレギュラー出演するなど、バラエティー番組にも出演しています。

今では、ドラマ、バラエティー番組とテレビで頻繁に見るようになりましたが、実は俳優である前にシンガー(歌手)だったんだとか。CDデビューもしているほどの実力の持ち主です。

そんな松下洸平さんですが、俳優として有名になった今、「実は歌も歌える!」と話題になっています。しかし、中には反対に「歌は微妙?」という世間の声もあります。

今回はその真相に迫っていきたいと思います。松下洸平さんの歌は下手?それとも上手い(うまい)?

 

 

スポンサーリンク



 

松下洸平の歌は微妙?世間の声は?

 

引用元:https://maquia.hpplus.jp/

松下洸平さんの歌についての世間の声を集めてみました。松下洸平さんのファンの方も歌について「微妙」と思っている方は多かれ少なかれいるようです。

反対に、「松下洸平さんは歌が上手い」「松下洸平さんの歌が好き」という評価もありました。

ネットの声としては、「下手、微妙」という声がある一方で「上手い」という声もありました。世間的には松下洸平さんの歌の評価は偏っていないようです。

 

 

スポンサーリンク



 

松下公平の歌は微妙?動画(ミュージックビデオ)で検証!

 

引用元:https://www.lmaga.jp/

松下洸平さんは、2008年から歌手として活動しています。2008年、2009年と歌手としての仕事がありましたが、2009年にBROADWAY MUSICAL『GLORY DAYS』の舞台に初めて立ち、芝居の楽しさに気づきます。歌手活動を一度休止してミュージカル・舞台をメインに活動していました。

そして、俳優として有名になった今、2021年から歌手活動をまた再開しました。ここでは、2008年の松下洸平さんの歌、2021年以降の松下洸平さんの歌を動画でご紹介します。

松下洸平の歌は微妙?【2008年】

松下洸平さんは、2008年よりペインティング・シンガーソングライターとして活動しています。同年の11月にシングル「STAND UP!」でCDデビューを果たしています。以下の動画が「STAND UP!」の楽曲です。

まさしく、ペインティング・シンガーソングライターという感じです。絵を描きながら歌うというコンセプトのイメージが伝わってきます。当時、松下洸平さんは「洸平」として活動していました。ペインティング・シンガーソングライターとしてライブ活動も行っていたそうです。

このシングル「STAND UP!」がリリースされた後、ラジオのニッポン放送で「STAND UP!」がイメージソングに起用されるという実績を持っています。

翌年、2009年にはBSフジの子供番組『Beポンキッキ』でエンディングに出演。オリジナル楽曲の「おはよう おやすみ」が挿入歌として使用されました。

松下洸平の歌は微妙?【2021年】

2021年に歌手活動を再開し、8月に「つよがり」というシングル曲を発表しました。2008年の作品と比較するとテイストが全く違いますね。ビターな大人の色気があります。

2021年には初のライブツアーを行い、その最終日に、「洸平」改め、「松下洸平」で歌手としてメジャーデビューすることを発表しました。

下記の動画は、2022年3月にリリースされた「KISS」という楽曲です。

2021年の「つよがり」からミニアルバム「あなた」、そして以下の「KISS」と定期的に歌をリリースしているようです。恋愛系の楽曲が多いですね。

松下洸平の歌は微妙?動画で検証まとめ

これまで、動画にて【2008年】と【2013年】の松下洸平の歌をご紹介しました。松下洸平さんの声はとても聞きやすく、良く通る声だと思います。感情が込められているのもよくわかります。皆さんはどう思いますでしょうか?

 

 

スポンサーリンク



 

松下浩平の歌は微妙?下手と言われる理由4つご紹介!

 

引用元:https://spice.eplus.jp/

松下洸平さんは歌が微妙と言われていますがその理由はどこにあるのでしょうか。歌が下手といわれる4つの理由をご紹介します。

松下洸平の歌が微妙な理由①音程が外れる

松下洸平さんは自分の歌やカバー曲をテレビ番組で披露しています。

バラエティー番組で歌う場合、イヤホンから直接音源を聞けない場合もある為、音程が外れてしまうことはよくあるようです。

また、配信などラフに歌う場合などは、アレンジも入れることが多いため、音程が外れていると思われる場合もあります。

松下洸平さんが歌を披露する場面は、音楽番組や、ライブなどではなくバラエティー番組が多いので音程が外れていると感じられてしまうのでしょうか。

松下洸平の歌が微妙な理由②キレがない

松下洸平さんが「歌が歌える俳優」として世間に知れ渡ったのは、ドラマで俳優として有名になりバラエティー番組に出演するようになってからです。

2021年以降にリリースしている楽曲はしっとりとしたバラードが多い印象です。カバーして歌を披露する際もバラードを選択しています。パッションのある元気な曲を歌うことが少ない分、「歌にキレがない」と思う方もいらっしゃるようです。

松下洸平の歌が微妙な理由③声量がない

歌が微妙な理由②と同様、バラードを歌うことが多い為、甘く囁くような歌声で歌うことが多いです。従ってそのように歌う松下洸平さんを見ることが多いため、声量が足りないと感じてしまう方も多いのではないでしょうか。

しかし、松下洸平さんは2008年にペインティング・シンガーソングライターとして活躍後、ミュージカルのオーディションに出場し、見事、BROADWAY MUSICAL『GLORY DAYS』の舞台に立ちました。そのことから考えると、「声量がない」というのは考えにくいです。

上記は、松下洸平さんが2011年から出演していたミュージカル「スリル・ミー」の一曲です。声量がないとは言い難いように思います。相手役の方とのハモリもきれいですね。

松下洸平の歌が微妙な理由④抑揚がない

松下洸平さんの歌を聞いた方のコメントで「つよがり いい曲です。松下洸平さんの、一生懸命な歌い方も、大好きです。」というコメントがありました。

松下洸平さんの歌はバラードの曲が多いですが、歌い方は抑揚を付けて歌うというよりは、同じ音量で歌い切る歌い方に近いです。

声質として、バラードよりもPOPな歌の方が合っているのかもしれません。また、歌の合間に行うフェイクもしっかりとした歌声で歌っています。バラード向きの声ではないのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク



 

松下幸平には歌手時代がある!?「誰が聞くんだよこの歌」

 

引用元:https://maquia.hpplus.jp/

松下洸平さんは幼少期から、絵や歌、ダンスなど芸術に触れていました。なんと、松下洸平さんのお母様は画家だったそうです。高校3年生の時に「天使にラブソングを2」に触発され歌を本格的に始めます。高校卒業してすぐに専門学校の東京ミュージックアンドメディアアーツ尚美に進学、ヴォーカル学科を専攻し本格的に歌を学び始めました。

歌手時代は、井の頭公園で路上ライブをしていました。「誰が聴くんだよこの歌」と思ったこともあったそうです。紆余曲折ありましたが、今では、俳優業に加え、歌手活動を再開し、ますます表現の幅を広げています。

 

 

スポンサーリンク



 

松下洸平は歌が下手なのか?その真実は…

 

引用元:https://maquia.hpplus.jp/

松下洸平さんは歌が下手なのかについて考察してきました。

「松下洸平は歌が微妙」という意見は確かにある。

・歌手としての実績として、「CDデビュー」「イメージソングに抜擢」「ライブ活動」をした経験がある。

・歌唱力についてはミュージカルのオーディションに合格している実績がある。

・歌を披露する場面がバラエティー番組。

バラードに合わない声質の可能性がある。

松下洸平は歌が下手という評価は確かに存在しますが、歌手としての実績はもちろん、歌唱力が認められている実績もあります。

「松下洸平は歌が下手」というのは歌の好みによる問題である可能性が高いです。実際、「松下洸平は歌がうまい」という評価も存在しました。

しかし、歌う場所がバラエティー番組である際など音程が外れて歌が下手と思われることもあるようです。

また、一生懸命に歌う印象があり、バラード向きの歌い方でない可能性もあります。

スポンサーリンク



松下洸平は歌が上手い!カバー曲がすごい!

引用元:https://classy-online.jp/

松下洸平さんは自身の歌を歌っていますが、テレビ番組で歌う際は、カバー曲を披露していることが多いです。インスタライブなどSNSの配信でもカバー曲を披露していますのでぜひ探してみてください。

・山下達郎「白い恋人たち」

・星野源「うちで踊ろう」

・back number「クリスマスソング」

・野口五郎・岩崎宏美「ワインレッドの心」

宇多田ヒカル「君に夢中」

・TheBeatles「Let It Be」

 

やはり、バラード系の歌を歌うことが多いようですね。竹内涼真さんなど俳優の方とコラボもしているみたいです。是非チェックしてみてください。

 

 

スポンサーリンク



 

松下洸平は絵がうまい!

 

引用元:https://classy-online.jp/

松下洸平さんのお母様は画家だったそう。実家には母親のアトリエもあります。母親の影響で松下洸平さんも小さい時から油絵を習っていました。

お母様は、老人ホームで週に一回油絵を教えており、松下洸平さんもその手伝いをしていました。歌もできて絵も描けるとは芸術センスに溢れていますね。

そんな松下洸平さんですが、テレビ番組でも自分の描いた絵が紹介されています。その絵が「うまい!」と話題になっています。

松下公平の絵「デッサン」

俳優の綾野剛さんが撮ってくれた自分の写真をデッサンした絵がこちらです。長時間かけた大作。クオリティーが高すぎます。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

松下洸平(@kouheimatsushita_official)がシェアした投稿

色ありのバージョンです。絵画展が開けるレベルですね。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

松下洸平(@kouheimatsushita_official)がシェアした投稿

どんな画材でも絵が描けてしまうのは本当にすごいですね。

松下浩平の絵「イラスト」

デッサン(写生)ではない独自性のあるデザインのイラストも描くことができるようです。

CDジャケットや雑誌の付録の塗り絵などイラストも手がけています。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

松下洸平(@kouheimatsushita_official)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

松下洸平(@kouheimatsushita_official)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

松下洸平(@kouheimatsushita_official)がシェアした投稿

デッサンだけでなく、デザインもできるというのは驚きです。俳優や歌手だけでなく、イラストれいたーとしての仕事も今後増えていくかもしれません。

 

 

スポンサーリンク



 

松下洸平の歌は微妙?まとめ

 

引用元:https://classy-online.jp/

今回は、松下洸平は歌が微妙?についてご紹介しました。世間の評判では「松下洸平さんの歌」が微妙という意見は確かにありましたが、それと同じくらい「松下洸平さんは歌が上手い!」という意見もありました。

幼少期から歌に触れていたということもあり、俳優活動の傍ら、今でも歌を歌うことは続けています。これからもたくさん松下洸平さんの歌を聴くことができると思いますので気になる方は是非チェックしてみてくださいね。

歌唱力については、ミュージカルに出演していることを考えると十分に認められているように思います。歌が微妙ということはあるかもしれませんが歌が下手なわけではない可能性が高いですね。

松下洸平さんの歌について触れてきましたが、なんと歌だけでなく「ダンス」「ピアノ」もできるみたいです。そして「絵」も。芸術の才能が溢れていますね。最近は「陶芸」も始めているそうです。

俳優業はもちろん、職種の幅を今後も広げていかれることでしょう。松下洸平さんの今後の活動にも期待です。

トップ画像引用元:https://natalie.mu/

スポンサーリンク