テレビドラマ「コントが始まる」や「#家族募集します」で大注目の俳優、仲野太賀(なかのたいが)さん。

最近テレビでよく見かけるようになりました。コミカルな演技が印象的ですが実際はどんな俳優さんなのでしょうか。

実はたくさんの作品に出演していらっしゃいます。

「あのドラマにも出てたんだ!」と驚かされました。そしてそしてもっと驚くべきことが。

なんと仲野太賀さんの父親は俳優の中野英雄さん。

今回は、そんな仲野太賀さんの家族構成についてご紹介します。

仲野太賀の父は中野英雄(なかのひでお)

引用:https://www.tv-asahi.co.jp/

中野太賀さんの両親はすごいんです。

父親はなんと俳優の中野英雄(なかのひでお)さんです。

※こちらで閲覧できます。→仲野太賀さんのお母様の解説はこちら!

中野英雄さんといえば1985年に劇男一世風靡で芸能界入りし、チョロ役でまさに一世風靡した俳優さんです。

中野太賀さんの父、中野英雄さんについてご紹介します。

中野太賀の父、中野英雄のプロフィール

引用:https://www.jprime.jp/


  • 生年月日:1964年12月22日
  • 出身:京都府京都市左京区
  • 身長:172cm
  • 血液型:A型
  • 職業:俳優、映画プロデューサー
  • 活動期間:1985年~
  • 事務所:ギャッツビーエンターテイメント

1964年:京都府に生まれ、幼い頃に東京都へ引っ越します。

中野英雄さんの父親は元プロボクサーです。当時は家に帰らず愛人宅で暮らすなど家庭環境はあまりよくありませんでした。結果、母親と妹は家を出て行ってしまい、中野英雄さん自身、とても苦労したそうです。

学生時代:スポーツに熱中します。ハンドボールと柔道をしていました。ハンドボールに熱中し選手としても活躍していましたが反抗期を迎えると非行の走り、暴走族に足を踏み入れました。

暴走族時代:暴走族「スペクター」のメンバーだった中野英雄さんですが、たまたま哀川翔(あいかわしょう)さんとすれ違った際に哀川翔さんの髪型を笑ってからかったそうです。

哀川翔さんは当時細身で中野英雄さんは「勝てる」と思ったそうですが、頭突きを食らい秒殺。

1985年:この衝撃的な出会いがきっかけで哀川翔から「劇男一世風靡」に加入します。中野英雄さんは秒殺されてからはとても哀川翔さんを慕うようになりました。

その後、哀川翔さんに誘われ芸能界入りします。しかし、俳優として食べていけるようになるまでには長い下積みを経験します。

1992年:飛躍の年です。フジテレビのテレビドラマ「愛という名のもとに」のチョロ役で一気に人気に火が付きました。その後は数々のテレビドラマ、映画に出演、人気俳優に名を残しました。

出演作品:「愛という名のもとに」「水戸黄門」「相棒」「メゾン・ド・ポリス」「アウトレイジ」「新宿スワンⅡ」

仲野大賀の父、中野英雄は「劇男一世風靡」

引用:https://aucfree.com/

「劇男一世風靡」とは1980年代~1990年代に活躍した路上パフォーマンス集団です。主に原宿やNHK前路上で寸劇やダンスを披露していました。

最盛期には50名以上が在籍しており、株式会社劇男一世風靡が所属事務所となっていました。「株式会社」になっていたくらいなのでとても大きな組織であったといえます。

トレードマークは「ズート・スーツ」と「赤いソックス」。

「ズート・スーツ」とは1940年代のアフリカン・アメリカン系ミュージシャンやマフィアの服装として認知されていました。

日本でも影響されて着ていた世代の方もいるかもしれません。日本ではチンピラがよく着ていたみたいですね。

【劇男一世風靡】

引用:https://middle-edge.jp/

1987年10月にはニューヨークのアポロ・シアターで海外公演を行いました。

「ズート・スーツ」はアメリカのファッションですのでアメリカでも知られていたのでしょうか。海外公演を行うほど人気だったんですね。

1989年7月31日に在籍していたメンバーのほとんどが脱退します。新生一世風靡として新メンバーを集めリーダー森田晶さんを中心として1992年まで活動しました。

中野英雄、「劇男一世風靡」で長い下積み時代

一世風靡として活動しながら名脇役を目指します。

その間、同じく一世風靡のメンバーであった柳葉敏郎(やなぎばとしろう)さんの運転手兼マネージャーをしておりました。

それを知ってからこれを見ると、柳葉敏郎さんと仲野太賀さんの共演はとてもレア感がありますね!

柳葉敏郎さんと仲野太賀さんは映画「泣く子はいねぇが」で共演しています。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

中野英雄 hideo nakano(@hideo_nakano)がシェアした投稿


また、「一世風靡セピア」という歌手グループの付き人もやっています。

真夏に一世風靡セピアのメンバーに「柿を買ってこい」と言われたこともあったそう。

真夏に柿は鬼畜すぎます 笑 厳しい世界なのがよくわかりますね。

主に裏方の仕事をしていたみたいですが上限関係が厳しくひどい扱いを受けていたこともあったとか。

こうして中野英雄さんは柳葉敏郎さんのマネージャー兼、一世風靡セピアの付き人として仕事をしていましたが月収は7万円だったそうです。

月収7万円で生活していたなんて。中野英雄さんには辛い時期だったことでしょう。


「一世風靡セピア」とは劇男一世風靡の7人歌手グループです。

「歌いたいヤツ手を挙げろ」という声で手を挙げた7名が「一世風靡セピア」として活躍しました。

このグループはメジャーデビューをしており1984年~1989年の期間活動しました。

メンバーは、小木茂光さん、哀川翔さん、柳葉敏郎さん、西川香景さん、春海四方さん、松村冬風さん、武野功雄さん(1985年に脱退)です。


仲野太賀の父、中野英雄のチョロ役とは?

引用:https://music-book.jp/

1992年に放送されたフジテレビドラマ「愛という名のもとに」で中野英雄さんは大人気俳優となりました。

フジテレビドラマ「愛という名のもとに」は平均視聴率25%の超大人気ドラマ。最終回はなんと32.6%です。驚きですね。ちなみにフジテレビ木曜ドラマ枠歴代1位の記録だそうです。

というのもこのドラマの脚本家、野島伸司(のじましんじ)さんがすごいんです。

野島伸司さんが脚本を手がけ、生み出されたドラマは次々と高視聴率を獲得していました。過去には木村拓哉さん主演の「プライド」や江口洋介さん主演の「101回目のプロポーズ」など1990年代から2000年代にかけて多くのヒット作が生まれています。

他にも、「ひとつ屋根の下」や「この世の果て」など多くの大人気ドラマを生み出されました。

そんな大人気ドラマの一つ「愛という名のもとに」で中野英雄さんは【チョロ】役を演じました。

【チョロ】とは

「愛という名のもとに」は中野英雄の代表作といっても過言ではありません。

チョロとは、「愛という名のもとに」で中野英雄が演じた役の愛称です。ドラマでの本名は倉田篤(くらたあつし)です。

チョロは証券会社の青年です。とても真面目なのですが、その性格が災いし、営業成績は最下位。上司からいじめは酷いものでした。また、フィリピン人の女性に惚れ、その女性に貢ぐために顧客の金を横領してしまいます。

結果、その女性には騙され、上司には横領がばれてしまい散々な目に。残念ながら、その後上司を刺してしまい、その傷害事件を起こした後、チョロは逃亡の末、自殺してしまいます。

とても悲しい役柄ですがこの役で一躍有名に。中野英雄さんの名前が世に知れ渡るきっかけになりました。

仲野太賀が父の「チョロ」役について語る

番組「A-Studio+」に中野太賀さんが出演。その際に仲野太賀さんの父、中野英雄さんのチョロ役について語っています。

番組の中盤で仲野の家族に話題が及ぶと、MCの笑福亭鶴瓶は中野が92年放送のドラマ『愛という名のもとに』で演じた役柄“チョロ”の名前を口にしながら「それを言われるのは嫌やった?“チョロの息子やで”って」と質問。すると仲野は「僕自身、チョロがなんなのかよくわかってなかったんで」と返答。仲野は父のファンから「チョロ元気?」と聞かれることもあると説明し、これに仲野は「チョロ知らない」と応じてしまうと笑顔で明かしていた。仲野はドラマ『愛という名のもとに』をまだ観ていないと話すと、いつか観たいとしつつも「タイミングが来たら観ようと思って…」と語った。

引用:https://www.crank-in.net/

仲野太賀さんはお父様の代表作を残念ながら見たことがないようですが、機会がったら見てみたいとのことでした。

仲野太賀の父、中野英雄の現在は?①-③

引用:https://www.jprime.jp/

中野太賀さんは近年、映画やテレビドラマでよくお見かけするようになりました。そんな中野太賀さんの父、中野英雄さんの現在についてご紹介します。

①中野英雄は現在も俳優として活躍!

最近はテレビでお見かけしていないようなと思っていましたが、現在でもドラマから、映画まで幅広く出演されていました。

2019年「メゾン・ド・ポリス」や2021年「大阪闇金」など現在でもご活躍されております。

また、Vシネマでも活躍されており、2020年に「下町任侠伝 鷹2」にご出演されております。

※Vシネマとは東映が1989年から制作、販売をしている劇場公開を前提としないレンタルビデオ専用の作品です。主にレンタルをして視聴する。

②中野英雄はYouTuber

中野英雄さんは現在ユーチューブチャンネルを開設しており、ユーチューバーとして活動しています。チャンネル登録者数は2021年現在2.94万人と人気のユーチューバーさんです。

チャンネル名は「中野英雄のYouTuBAR」で毎回ゲストを呼びインタビューをするという内容になっています。

お酒を飲みながらゲストの「ここでしか聞けない」トークをしています。

③中野英雄はファッションブランドのプロデューサー

中野英雄さんは同年代男性のファッションリーダー的存在なんだとか。

日本最大級のファッションコーディネートサイト「WEAR」をご存じですか。ファッションが好きな方は一度は目にしたことがあるかと思います。このファッションコーディネートサイトにて中野英雄さんは自身のコーディネートを公開しています。これまでに公開したコーディネートは300種類を超えているそうです。驚きですね。

とても強面なイメージが強いですがファッションコーディネートを公開しているということで、また違った一面が見れて注目が集まっています。

また、ファッションブランドのプロデュースもしています。

「MOBSTAR JAPAN」というブランドサイトでスターのマークが特徴のファッションブランドです。中野英雄さんの同世代だけでなく幅広い年代にマッチするデザインになっているそうです。

商品はすべて数量限定で販売されており、TwitterなどのSNSでも新作を公開していますので気になる方は見てみてくださいね。

中野太賀と中野英雄の若いころは似てる?

引用:https://www.astage-ent.com/

中野太賀さんはコミカルな役のイメージですが、父親の中野英雄さんは強面(こわもて)なイメージです。

親子のお二人の比べてみました。

仲野太賀さんが27歳。父親の中野英雄さん「チョロ」を演じたのが28歳。

この頃の写真を比べると父の中野英雄さんの方が少し顔が丸いですが、目や鼻、口のパーツの位置は近い気がします。

目じりの下がり方がそっくりです。

こちらは笑顔の中野英雄さんですが、息子の大賀さんにそっくりです。

笑顔の中野英雄さんは特に大賀さんに似ている気がします。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

中野英雄 hideo nakano(@hideo_nakano)がシェアした投稿

こちらは息子の太賀さんが撮影してくれた写真だそうです。

親子で写っている写真はほほえましいですね。

二回目になりますが、「目元がそっくり」です。笑

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

中野英雄 hideo nakano(@hideo_nakano)がシェアした投稿

最後に、中野英雄さんの中学生の頃。一瞬息子の太賀さんと迷うほど似ていますね。

髪型がパンチパーマなので時代を感じます。

父親の中野英雄さんと息子の仲野太賀さんを比べてみました。

お二人の若いころを比べてみるととても似ていました。特に「笑顔」や「目尻の下がり方」が似ていました。

仲野太賀と中野英雄は仲が悪い?

引用:https://realsound.jp/

親子で俳優業をやられていますが、仲野太賀さんと中野英雄さんは苗字が違います。

また、息子の仲野太賀さんは2019年6月24日に芸名「太賀」から「仲野太賀」に改名しています。それ以前は苗字なしの「太賀」で活動していました。

不仲説もあるようですが実際はどうなのでしょうか。

仲野太賀が「太賀」で活動。二世俳優と言われたくないからではない

上記にもある通り、仲野大賀さんは2019年6月までは「太賀」で活動しています。

「太賀」で活動していた理由として「二世扱いを嫌ったから」と言われておりますがそうではないようです。

所属事務所や父親の中野英雄さんと話し合った結果、「二世俳優」というイメージがつかないようにあえて「中野」を外したようです。

本人はずっと名字が欲しかったそうです。

「二世俳優」のイメージがついてほしくなかったのは息子の太賀さんではなく父親や所属事務所の方だったと考えられます。

2019年10月27日放送のテレビ番組「僕らの時代」に出演した際、仲野太賀さんは次のように語っています。

彼は「名字はずっと欲しかった」と回答。もともと俳優業を始めたとき、自分の意思とは関係なく「太賀」だったという。

 その名前は、所属事務所と、俳優で父親である中野英雄が考慮して決めたそう。たが、太賀の気持ちとしては「なんで名字がないんだ?」という恥ずかしさととも「このまま2文字で俺はやってけるのか」という不安が湧いてきたという。

引用:https://www.rbbtoday.com/

仲野太賀は改名した!仲野太賀と中野英雄、名字が違う理由は?仲が悪い?

仲野太賀さんは「ずっと名字が欲しかった」わけですが、晴れて2019年6月に「太賀」から「仲野太賀」に改名しました。

2018年は仲野太賀さんにとって飛躍の年でした。

主演作「母さんがどんなに僕が嫌いでも」や映画5本に出演、話題作となったテレビドラマ「今日から俺は!!」などにも出演されました。

仲野太賀さん自身自分の転換期と思い「改名するなら今だ」と思ったそうです。

しかし、名字の「中野」が父、中野英雄さんと違います。

やはり、不仲説は本当なのでしょうか。

苗字がずっと欲しいと言っていた仲野大賀さんですが、「中野」ではなく「仲野」にしたのには芸名にある思いを入れたかったからだそうです。

2019年6月、彼は2006年のデビュー以来名乗ってきた“太賀”から“仲野太賀”に改名。本名の“中野”と、「“仲間”との出会いが俳優人生の財産」と実感したことから「仲野」の表記を選んだという。

引用:https://www.msn.com/

仲野太賀さんにとって仲間との出会いは俳優として生きていく上での重要な一部なんですね。

太賀さんらしさが感じられます。

この事実からすると親子の不仲説は考えにくいです。

仲野太賀さん自身も「なぜ名字がないんだ」と恥ずかしく思っていたくらいです。

また、以降紹介する中野英雄さんの「親ばか」っぷりを見れば不仲説は全くないと言っても過言ではありません。

中野たいがの父、中野英雄は親バカ!

仲野太賀さんは「二世俳優」のイメージがつかないように名字を付けず「太賀」で活動していたわけですが、「太賀」で活動していたにも関わらず、すぐに「二世俳優」とばれてしまいました。

それは仲野太賀さんの父、中野英雄さんが自身のSNSに仲野大賀さんを宣伝してしまったからだそうです。

なんとも微笑ましいエピソードですが、息子の大賀さんは「なぜ名字をとって活動していたのかわからない」と苦笑い。嘆いていたそうです。

「(父親が中野英雄であることを自分は)隠し続けているのにも関わらず、(父は)『うちの二男・太賀が出ます!』(と書き込んでいた)」と語った仲野。「何のために名字を取ったのか分からない」とボヤき、「(父と)“二世俳優”というのものをなくしていこうと約束したのにも関わらず、SNSでガンガン投稿するから……」と、父の愛情を感謝しながらも呆れていた。

引用:https://www.msn.com/

中野英雄さんのSNSで投稿されている仲野太賀さんが多すぎます。

これだけ投稿していればすぐにばれてしまうのも当然ですね 笑

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

中野英雄 hideo nakano(@hideo_nakano)がシェアした投稿

仲野太賀の家族構成

引用:https://plus.paravi.jp/

仲野太賀さんの父、中野英雄さんは現在も現役で幅広く活躍されておりますが、実は、仲野太賀さんの母親もすごい方なんです。

仲野太賀さんの母、中野多加美(なかのたかみ)さんは芸能事務所の社長さんです。

仲野太賀さんにはお兄様もいらっしゃいますが、お兄様の中野武尊(なかのたける)さんも元俳優さんなんだとか。

家族そろってすごい方たちなんですね。びっくりです。

仲野太賀さんの家族構成

仲野太賀は両親と兄の四人家族です。

父親:中野英雄さん

母親:中野多加美さん

兄:中野武尊さん

本人:中野太賀さん

中野太賀の母は社長

仲野太賀さんの母親、中野多加美さんは芸能事務所バグジーこと「株式会社バグジーヒーローズクラブ」の代表取締役です。

芸能関係の方ではなく一般の方です。

元々は1996年3月に中野英雄さんの立ち上げた個人事務所、「有限会社バグジーヒーローズクラブ」でした。

中野英雄さん自身もこの事務所に所属していましたが、現在は所属事務所を変え、「ギャッツビーエンターテイメント」に所属しています。

現在「株式会社バグジーヒーローズクラブ」は女性タレントのみ所属になっております。

設立から徐々に所属タレントを増やしていった見たいですが今は女性タレント専門の事務所になっています。

なんと、中野太我さんの母親である中野多加美さんは中野英雄さんが中学生の頃に好きだった先輩だそうです。

残念ながら中野多加美さんの写真は見当たりませんでしたが、きっと美人な方なのでしょう。そして強面な中野英雄さんにを虜にしたかたなのでしっかりとした趣のある女性に違いないですね。

ちなみにこれが中学生の頃の中野英雄さんです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

中野英雄 hideo nakano(@hideo_nakano)がシェアした投稿

中野太賀の兄は俳優

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

中野英雄 hideo nakano(@hideo_nakano)がシェアした投稿

仲野太賀さんのお兄さんも実は元俳優さんです。

中野武尊(なかのたける)さんといいます。


生年月日:1987年8月17日

出身地:東京都

所属事務所:バグジーヒーローズクラブ(俳優当時)


仲野太賀さんの5歳年上です。所属事務所は母親が経営する芸能事務所だったんですね。

中野武尊さんの出演作品がありましたのでご紹介します。

1998年:ドラマ「先生知らないの?」

2000年:映画「東京爆弾」

2000年:ドラマ「夜回り先生」

2003年:映画「ベースボールキッズ」

2003年~2004年:「実録・竹中正久の生涯 荒ぶる獅子」

2004年:Vシネマ「実録・名古屋戦争 統一への道・1」

1998年~2004年までの活動記録がありました。ドラマ、映画、Vシネマと幅広く活躍していたんですね。

現在はどんなことをされているのか調査しましたが、残念ながら見当たりませんでした。

芸能活動を辞め、一般人になったということですから父親の中野英雄さんも公表しないようにしているのかもしれませんね。

中野英雄さんのインスタグラムではたまに中野武尊さんのお名前が上がっていることもあります。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

中野英雄 hideo nakano(@hideo_nakano)がシェアした投稿

仲野たいがのプロフィール

引用:https://parismag.jp/

  • 本名:中野太賀
  • 旧芸名:太賀
  • 2019年6月~の芸名:仲野太賀
  • 生年月日:1993年2月7日
  • 出身地:東京都
  • 身長:168cm
  • 血液型:A型
  • 活動期間:2006年~
  • ジャンル:俳優
  • 所属事務所:スターダストプロモーション

出演作品

【ドラマ】

  • 大河ドラマ「八重の桜」
  • チームバチスタの栄光第1話
  • 臨場
  • コードブルー
  • 黒の女教師
  • ゆとりですがなにか
  • 今日から俺は!!
  • この恋あたためますか
  • コントが始まる
  • #家族募集します

【映画】

  • 孤高のメス
  • 桐島、部活やめるってよ
  • 闇金ウシジマくん
  • 来る
  • 町田くんの世界

まだ比較的芸歴が浅いですがここまでたくさんの作品に出演していらっしゃるとは驚きです。

最近、「テレビでよく見るなぁ」と思っていましたが、「あれにも出てたんだ!」と思う方も多いと思います。ドラマや映画を見返して探してみたくなってしまいました。

仲野太賀の父、中野英雄まとめ

引用:https://asm.asahi.com/

①仲野太賀の父は中野英雄さん

・大人気の一世風靡のメンバーだった。

・「愛という名のもとで」の「チョロ」役で大人気俳優になった。

・中野英雄さんは現在でも幅広く活躍している。

②仲野太賀さんと中野英雄さんの関係

・仲野太賀さんと中野英雄さんは「笑顔」と「目尻」が似ている。

・芸名「太賀」は中野英雄さんの案。

・中野英雄さんは親ばか。仲野太賀さんを溺愛している。

③仲野太賀さんの家族

・父は俳優、中野英雄

・母は芸能事務所社長

・兄は元俳優


今回は仲野太賀さんの父親、中野英雄さんについてご紹介しました。中野英雄さんの経歴を調べていくうちにトレンディドラマが流行していた時代のことをたくさん知れた気がします。

中野太賀さんは近年大注目の俳優さんで、「なんか気になる」と思っていた方も多いでしょう。その正体は俳優中野英雄さんの息子さんだったんですね。

中野英雄さんの仲野太賀さんへの愛情こもったSNSの投稿は微笑ましい限りです。

「懐かしいなぁ」と思った方も、「中野太賀さんが気になる」方もぜひドラマや映画を見返してみてくださいね。

れっどマンは「チョロ」が気になって仕方がありません笑

涙もろいので号泣ものですね。どうしよう。。。

トップ画面引用元:https://joshi-spa.jp/